人権啓発研究集会inくまもと

2月2日、3日と「人権啓発研究集会inくまもとに」に参加しました。

2月2日    1部 「水俣病から現代社会を考える」  原田 正純氏 (前熊本学園大学教授)

        2部 「私たちがめざす社会とは ~誰もが安心して暮らせる社会をめざして~                    鎌田  實氏(医師・作家) 

2月3日    1部  より豊かな社会のために自分ができること  Unbaba 中野氏

         2部  ハンセン病をめぐる人権  ~次世代に伝えること~  中 修一氏

         3部  宗教者として狭山闘争をおこなう中で気づいたこと  磯田 浩隆氏

 とてもハードなスケジュールでした。活字で学ぶのと、現場の声は、臨場感があって、厳しく染み入るものとなりました。水俣病、ハンセン病、狭山事件、自分と置き換えて考えてみてください。いつになれば、みんなが安心して暮らせるようになるのでしょうか?

鎌田 實さんの行き方に学ぶものがたくさんありました。だから、このような研修会に参加して、学び続けたいです。自分に思い上がることなく、謙虚に自分らしく生きたいと思います。

 

                                                                                                                                                                                                                                

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です