子どもの主治医に会えた!

P1010078子どもが、くも膜化血腫と診断され入院・手術・通院と4年間のお付き合いをさせて頂いた。今年に入り、この先生にあってお礼を言いたいと思い、今日子どもと二人で会うことができた。子どもは、後遺症はあるものの元気です。有難いことです。

この写真の観葉植物は、今日お礼に持って行ったのですが、先生が「気持ちだけ頂いときます」と言われるので持ち帰り、私が育てることにしました。

私たち親子には、このように命を助けて下さったドクターが何人かいます。お礼を心から伝えられたのは、今日の先生だけです。すでに他界されたドクターもいてあの世に行った時にしっかりお礼を言いたいです。

伝えること・感謝の気持ち・お礼等々、肉体が在るうちにと気づいてから一つ一つ実現しています(今、気づかないことはあの世で・・・)。伝えないでいると、心の中にず~と残り苦しくなります。

みなさん、感謝の気持ちは伝えましょう。そして、身軽になってあの世に行きましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です