地域発「活力・発展・安心」デザイン実践交流会

 2月25日・26日と実践交流会に参加しました。  心に残った基調提案を紹介します。

      地域と共に育ち、輝く高校生 ~県立国東高校JRC(青年赤十字)の活動から~ 

高校生活3年間のクラブ活動JRCで、地域に溶け込むボランティアを通して高校生たちが感じた声に感動しました。いくつか紹介します。

・自分の好きなところを見つけられるようになった。
・弱い自分を支えてくれる人たちがいた。
・どこにでも飛び込勇気を持てた。
・満たされた日々が過ぎていた。
・一つ一つの活動が自分を変えた。
・恥ずかしがらなくなった。
・相手の「ありがとう」に喜びを感じた。
・もっと、もっと多くの人と関わり、人を分かりたいと思った。
・人と繋がって、成長できた。
・満足の感動があった。
・恩返しがしたいと思った。

高校3年生の口々から出た言葉は、「大学に行っても、国東に戻って国東のために恩返しをしたい」感動で、目頭が熱くなりました。
導かれた浅野先生、たくさんの感動ありがとう!

私が、恩返したいと気づいたのは、50歳を過ぎてからです。国東高校のこの場にいた子供たちは、18歳にして恩返しに気づいています。大人は、もっと自分に向き合い、そこに気づく必要があります。みんなで頑張りましょう!

 

 

                                       

 

おでかけ市長室に参加しました。

2月14日、おでかけ市長室に参加しました。
テーマは子育てす。私は、病気を持つ子どもの親御さんの電話相談・ピュアカウ
ンセリングをしております。発達障害のお子さんの支援は行政でも進みましたが、
親御さんの支援はまだまだ不十分です。発達障害のお子さんの環境を整えるのは、
親御さんのメンタルケアだと思います。
そのような思いを釘宮市長に直接伝えることができました。
行政と市民団体で、手に手を取り合って子どもたちの環境を整える必要があると
信じています。

娘が結婚します

10歳の時にメザンギュウム増殖型腎炎と診断された娘が結婚します。

発病当初、あの子に社会生活・結婚が来るとは、想像できませんでした。親として、辛く厳しいものでした。

私は、この子の顔を見れば体温がわかるぐらいに、当時二人三脚で過ごしておりました。ですので、県外での娘の大学生活は、心配で心配でしかたなっかた。しかし、彼女は大学院、就職と自力で生き抜いて見事に成長しました。

ここまで、成長してくれた娘に感謝です。私は娘に出会えて、喜びを知り、愛すること、信じることを学びました。

娘にありがとうとおめでとうを伝えました。

お婿さん、本当にありがとう!

私たち親子が癒された絵

私の第一子は、メザンギュウム増殖型腎炎を10歳の時に発病し、大分県で初めてと告知され、治療法も手探り状態で、親として子どもの将来に希望を持てず、とても苦しい時期でした。ステロイドによるムーンフェイス、いろんな薬の副作用を、横で見ていてどれだけ泣いただろうか。変わってやれないから苦しい。ただただ子どもの未来を祈り続けた。その祈りが天に通じたのか、子どもに奇跡が起こり退院ができた。しかし、子どもは、笑うことを忘れ読書家となっていました。ある日、書店に子どもと行きますとハワイの本が目に留まり、私は、瞬時に「子どもをハワイに連れ行こう」と決心する。それは、笑いを失った子どもに何らかの希望を持って生きていってほしかったから。

当時働いていた会社に「子どもを連れハワイに行くので、退社します」と。しかし、会社は1ヶ月の休暇をくれました。感謝でした。本当に有難かったです。

私と病気の子どもと、第二子で、ハワイに転地治療と旅たちました。

この絵は、その時のハワイ旅行で、出会いました。ワイキキのあるギャラリーに掛けられていたこの絵は、私たち親子に光をくれました。夕日を背に遊ぶイルカが、いつの日か私たちもあのようになれたらいいねと・・・・・・・。ハワイの画家でワイランドです。この絵を暗室で、光の照度を変えて見れば朝日から夕日また四季を感じることができます。絵画がこんなにも心を癒し、力をくれるものだとは、知らず大変感激しまして、購入しました。

今年の夏は、別府の光の園に貸し出します。

人権啓発研究集会inくまもと

2月2日、3日と「人権啓発研究集会inくまもとに」に参加しました。

2月2日    1部 「水俣病から現代社会を考える」  原田 正純氏 (前熊本学園大学教授)

        2部 「私たちがめざす社会とは ~誰もが安心して暮らせる社会をめざして~                    鎌田  實氏(医師・作家) 

2月3日    1部  より豊かな社会のために自分ができること  Unbaba 中野氏

         2部  ハンセン病をめぐる人権  ~次世代に伝えること~  中 修一氏

         3部  宗教者として狭山闘争をおこなう中で気づいたこと  磯田 浩隆氏

 とてもハードなスケジュールでした。活字で学ぶのと、現場の声は、臨場感があって、厳しく染み入るものとなりました。水俣病、ハンセン病、狭山事件、自分と置き換えて考えてみてください。いつになれば、みんなが安心して暮らせるようになるのでしょうか?

鎌田 實さんの行き方に学ぶものがたくさんありました。だから、このような研修会に参加して、学び続けたいです。自分に思い上がることなく、謙虚に自分らしく生きたいと思います。