はじめまして、自分らしく生きるです。

自分らしく生きるです。なぜ、このネームにしたのかは私の永遠のテーマだからです。

私の幼少期は、父の暴言に怯え、15歳で自立神経失調症となり発作の恐怖に18年間悩されました。

自分は、何のために生まれて来たのか問い続け、あっと言う間に50年という歳月が経ってしまいました。

今、50歳を過ぎて自分と向き合い、自分を受け入れることが、完全ではありませんが、できるようになり、自分を好きになり、愛することを実感しています。

この道のりはなかなか厳しいものでしたが、仕事を通して自分が必要とされていることに気づき、3人の子供の闘病生活を体験することで、子供を愛すること・守ることを学び、本来の自分に近ずいたような気がします。今、この体験を人権擁護の立場から講演会活動をしております。

生きることは、厳しく辛いこともありますが、逃げずに模索すればその先には、感動がありました。それは、実感です。

辛いこと、悲しいことその先には、光が差すと信じています。

ひとりでも多くの方々が、自分らしく充実した人生を送って頂きたいです。